新サイト「あの展覧会混んでる?」に見る、人々の混雑に対する思いについて

あの展覧会混んでる?

002

10月23日(水)に新サイト「あの展覧会混んでる?β版」を公開してから2週間ちょっとが経ちました。「あの展覧会混んでる?」は展覧会の混雑状況をビッグデータ(笑)の解析から明らかにしようとするサイトです。当サイトを公開してから分かったいくつかの点をちょっとまとめてみることにしました。

 

アクセス数10,000PVを突破

 

Yahoo!ニュース記事

Yahoo!ニュース記事

当サイトは ITmedia のねとらぼに掲載され、直後 Yahoo!ニュースにも掲載されたことで驚異的なアクセス数を記録しました。また、Facebook や Twitter、はてなブックマーク等のソーシャルネットワークを通じて多くの方々に拡散していただきました。

最も嬉しかったのは、『美術手帖』(美術出版社)の公式 Twitter で紹介して頂けたことです。さらに美術関連で著名な個人インフルエンサーの方のつぶやきにより、ヴァイラル(笑)に拡散していきました。

サイトを立ち上げたばかりですので、より多くの方々に当サイトを知ってもらえて本当に嬉しいです。

 

本当に重要なのは検索ワード

 

Google Analytics オーガニック検索キーワードクラウド

Google Analytics オーガニック検索キーワードクラウド

瞬間的に生じた驚異のアクセス数に浮かれていては、現実は見えてきません。

検索キーワードからは人が本当に求めているモノそのものが分かります。当サイトの Google Analytics のアクセス解析データによると、検索キーワードのほとんどが「○○展 混雑」であることが分かりました。これこそ当初の想定通りの結果です。これらの検索キーワードで検索してきた方々へ混雑情報を提供するのがこのサイトの使命だからです。

今後も検索キーワードから必要とされている情報を分析し、サービスの改善に生かしていこうと考えています。ちなみにスヌーピー展は検索キーワードから需要があると判断して後から追加しました。

 

混雑情報の需要は確実にある

 

「スヌーピー展」の検索キーワードの一部

「スヌーピー展」の検索キーワードの一部

これまで、集合知を利用した混雑情報の提供は道路の渋滞情報であったり、電車内の混み具合情報の提供にとどまっていました。しかしこれらの情報はあくまで人々の行動における手段の情報に過ぎません。もちろんこれらの情報は重要で、需要も大きいですが、最も重要なのは目的地の混雑情報です。せっかく渋滞を切り抜けて目的地に着いたら長蛇の列では悲しすぎます。

規模の大きな目的地の混雑情報については、各目的地が個別に公開している場合があり一見それで十分のように見えます。ディズニーランドの混雑状況・予測は多くの人が参照するらしいですね。待ち時間も分単位で公開されており、完成されているように思えます。

しかし「スヌーピー展」に関する検索キーワードの一部を見てみると、単なる「混んでる/空いてる」情報だけでなく、現地へ行った人たちの生の声・感想を求めているように感じます。混雑情報に行った人の感想・感情が加わった情報、これはオフィシャル情報では得ることができない情報です。

当サイトは、過去の混雑状況から混まなそうな時間帯を推定したり、もし混んでいるところへ行くのであれば、その準備(覚悟)が事前にできるような情報を提供します。混んでいるから行かないという選択肢も提示できるかもしれません。

 

よりスマートな世界に

 

よくあるグラフ(適当)

よくあるグラフ(適当)

当サイトで開発している混雑エンジンはあらゆる文章情報から混雑状況を数値化・ビジュアル化することができます。それは美術展だけでなく、様々なイベントに対して混雑状況を提供できることを意味します。

右のグラフのように混雑状況が満足度に影響するイベントはまだまだありそうです。個人的な感想ですが、博物館や水族館は特に気になりますね。

 

Google Maps との連携イメージ

Google Maps との連携イメージ

当サイトが提供する目的地の混雑情報は、現在運営されている様々なサービスと連携することでより強力になる可能性を秘めています。将来このサービスが人々のライフスタイルを変えることを信じて続けていきます。

 

あなたのつぶやきがみんなを救う!

 

当サイトは現地へ行ったみなさんのつぶやきが頼りです。多くの方々があなたのつぶやきを必要としています。

より多くの方々が満足して展覧会を楽しめるよう、混雑状況の投稿にご協力ください。私も早くターナー展へ行って状況を投稿します!

arttimeline

Pocket

Facebookコメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバック