「Paris、パリ、巴里 ー 日本人が描く 1900–1945」展

あの展覧会混んでる?

 

新たな表現への挑戦 1920~

 

Still Life with a Cat, FUJITA Tsuguharu, 1939-40, Oil on canvas, Bridgestone Museum of Art, Ishibashi Foundation

Still Life with a Cat, FUJITA Tsuguharu, 1939-40, Oil on canvas, Bridgestone Museum of Art, Ishibashi Foundation

藤田嗣治は1913年渡欧しますが、第一次世界大戦の戦渦に巻き込まれます。しかしそれにもめげず、フランスに留まります。この時期に、モディリアーニやピカソを知ります。藤田は乳白色の絵肌に、面相筆による墨色で輪郭線を引き、対象を細密に描く技法を確立しました。この技法によって描かれた絵が西洋画壇で一躍人気となりました。

《猫のいる静物》は1939年、8年ぶりに訪れたパリでの作品です。棚の上に野菜や魚介類が雑多に置かれていて、少々ごみごみした感じを受けました。しかし、それぞれの静物に近づいて見てみると、細部まで正確に描かれていることに驚きました。また、全体的に淡い色で描かれており、やわらかさが感じられます。画面右隅に描かれている、棚の上のごちそうを今にも手中にせんと企む猫の存在が、とても滑稽で、かつただの静物画ではないことを強く印象付けます。

 

Restaurant (Hôtel du Marché), SAEKI Yuzo, 1927, Oil on canvas, Osaka City Museum of Modern Art

Restaurant (Hôtel du Marché), SAEKI Yuzo, 1927, Oil on canvas, Osaka City Museum of Modern Art

私がこの展示で最も衝撃を受けた作品が、佐伯祐三の作品です。佐伯は1924年(大正13年)に渡欧します。佐伯はパリ郊外のオーヴェール=シュル=オワーズに、フォーヴィスムの画家モーリス・ド・ヴラマンクを訪ね、彼の絵に強い影響を受けます。また、エコール・ド・パリの画家であるモーリス・ユトリロの絵にも感動したそうです。

《レストラン(オテル・デュ・マルシェ)》はパリのカフェテラスを描いたものです。佐伯はヴラマンクに自分の作品を「このアカデミックめ!」と一蹴されショックを受けたらしいですが、そこからの画風の変化が激しすぎますね。ものすごく素早いタッチで描かれた街角の文字が非常に印象的で、ざわざわと踊っているかのようです。

Café Terrace with Posters, SAEKI Yuzo, 1927, Oil on canvas, Bridgestone Museum of Art, Ishibashi Foundation

Café Terrace with Posters, SAEKI Yuzo, 1927, Oil on canvas, Bridgestone Museum of Art, Ishibashi Foundation

これまで印象派ばかり見てきたためか、私が受けたショックが大きいです。《テラスの広告》も当時のパリの街角を今に伝えてくれる素晴らしい作品です。そしてかっこいい。《テラスの広告》では、文字だけでなく、黒い線で描かれた木枠やイス、テーブルまでもが踊っているかのようです。絵から「ざわつき」を感じたのは初めてです。

 

今回の展示は、とても新鮮な経験ができました。印象派だけには留まらない、日本人西洋画家の強いエネルギーを感じました。中でも佐伯祐三の作品には感動しました。他の作品も是非鑑賞してみたいと思います。

 
ブリヂストン美術館
会期:2013年3月23日(土)-2013年6月9日(日)

 

 

■管理人の評価

作品の充実度
満足度
人混みの少なさ
静寂度
雰囲気

 

VN:F [1.9.22_1171]

■この美術展、行きたい?

注目度: 0 (0 件の投票)
VN:F [1.9.22_1171]

■あなたの評価を自由に投稿してください

作品の充実度
満足度
人混みの少なさ
静寂度
雰囲気
総合評価: 0.0/5 (0 件の投票)
Pocket

Facebookコメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバック